前回の内容

  

丑嶋が獅子谷に呼び出された。

 

柄崎が獅子谷に絡まれているところを滑皮に助けられた。

これは実は仕込み。

柄崎を滑皮が取り込んで丑嶋を精神的に追い込むつもり。

 

しかし獅子谷は明日にでも丑嶋を殺したいという。

滑皮は了解するが、その前に丑嶋がため込んでいる金を絞り出してからにしろと指示。

 

潜舵と獅子谷の部下1人。

そして丑嶋と椚が同じ車に乗っている。

獅子谷が来るのを待って強盗に行くことろ。

 

闇金ウシジマくん 465話 ネタバレあらすじ

 

獅子谷と滑皮が話している。

 

獅子谷
「なんで丑嶋みたいなハンパ野郎に滑皮さんが時間咲いているのか理解できないです。」

獅子谷にとって丑嶋は兄の仇。

さっさとやってしまいたい。

 

滑皮は

丑嶋は昔から偉そうでムカついていたという。

徹底的に心をへし折って完璧に服従させるつもりだった。

おれのライフワークみたいなもん。

 

 

ワゴン車では・・

丑嶋が椚をトイレに連れていく。

 

小便をさせながら丑嶋は椚に話しかける。

てめえのケツも拭けない身体にされて、

母親と姉を目の前でまわされてどんな気分だ?

 

椚は言葉が理解できているのか、フゴオーフゴオーと唸る。

ころしたいらしい。

 

ワゴン車にもどると獅子谷が来ていた。

今日呼び出した理由が告げられる。

・強盗に行く。

・キャバクラのオーナーのマンションにある現ナマをかっぱらう。

・時間帯はヤツが店に行って留守の時。

・防犯カメラの死角になっている非常階段から屋上に上がり、ベランダから窓を割って侵入する。

・警備会社が駆け付けるまでの10分で終わらせる。

 

丑嶋は断るが、当然強制参加。

 

屋上に上がった4人。

(獅子谷と手下と丑嶋)

 

その頃、当のキャバクラオーナー、

篠田はまだマンションの部屋にいた。

 

一緒に住んでいる響子という女とこれから店に行くところ。

 

響子が書斎に車のキーを取りに行くと・・・

ベランダには覆面姿の男がいた。

 

闇金ウシジマくん465話