前回のあらすじ

 

栗林は、チームメイトのプレーに失望仕掛けていた。

いて欲しいところにいてくれない。

 

試合終了間際。

もう1点取るプランがあったが、諦めて守備に徹することにしたその時、

アシトがいい所に飛び込んできた!

瞬時に攻撃に切り替えて相手ゴールに向かって走り出す栗林。

 

アシトは山田からパスをもらって栗林にロングフィード!

アオアシ137話 アシトのロングフィード

 

背面トラップでボールを受けた栗林はそのままゴールへ向かう。

ゴール手前で相手DFに止められる。

その時、阿久津が走って来た!

栗林は阿久津にパスしてゴール!!

 

カウンターの起点となったアシト。

攻撃なら感覚で瞬時に動ける。

守備でもそうできるようになることが今後の課題。

 

アオアシ 137話 ネタバレあらすじ

 

栗林と阿久津と、アシトと。

 

3人肩組んで「よおおおーっし!!」

阿久津は照れてアシトにパンチ!

 

アシト
(オレの・・・

プレミアリーグ初戦が終わった。)

 

両チーム整列して礼。

そして互いに握手。

柏商の選手は栗林に礼を言う。

戦えてよかった。

初見の1年は度肝を抜かれた。

これでまた俺たちは強くなれる。

 

阿久津は返礼の言葉。

柏商は最後まで勝つことを諦めなかった。

「良かった。」

 

ベンチに戻る時、遊馬がアシトに話す。

大体の対戦相手は栗林さんが出てくると、やる気をなくし、やけっぱちなサッカーになる。

だけど柏商はそうじゃなかった。

そこが新鮮だった。

 

高校にとっては、IHと選手権が重要。

こういうリーグ戦は調整の為に使う高校も多いが、全然そんなんじゃなかった。

点差は開いたけどまたこれで強くなるだろう。

 

エスペリオンの選手たちの輪に入れないアシト。

 

自分の今日のプレーは全然ダメだった。

話にならない。

守備をちゃんとできるようにしないと、穴のまま。

次もプレミアリーグに出たい!

次こそつかめる。

守備を自分のものにするきっかけを・・・!!

 

アシトに、監督からお呼びがかかる。

 

応援席では大友が騒いでる。

アシト、良くやった。

最初はどうなることかと思ったけど、

失点もなかったし、最後は得点の起点になった。

上々のデビュー戦。

 

それに比べて

富樫は面白くなさそう。

そんな富樫を杏里が非難する。

「なんでそんな顔をするんです?」

青井選手が自分の先を言っているのが納得できないってカンジ。

青井選手から何かを学ぼうとしたことはあるんですか?

 

富樫が、アシトから学ぶことなどないというと・・・

杏里は、その言葉が青井選手を見下していると指摘。

 

アオアシ137話 杏里と富樫

 

言いながら杏里は足が震えている。

 

富樫はそれを見て、

男子の監督を目指しているならその程度のことを言うのに足を震るわせるなと言い捨てて去って行った。

 

富樫が去って、杏里はその場にへたり込む。

 

一方、頭からタオルを被って見ている花ちゃん。

 

都に誰かあったらまずい選手でもいるのと聞かれて・・

花はアシトのおでこにキスをしたことを思い出す。

真っ赤になってしまう花。

 

その時、アシトと監督が話してる声が聞こえてきた。

アシトは次の試合も出してくれるよう頼むが、

監督の返事はNO。

今日の出来では次の試合には出せない。

ベンチ入りも無理。