前回の内容

  

獅子谷が滑皮に質問。

なぜ丑嶋をやるに時間を割くのか。

滑皮は、昔からムカついていたから徹底的に心をへし折って完璧に服従させたいという。

 

丑嶋が椚に

こんな目にあわされてどんな気分か聞くと、

椚はフゴフゴオ言って反応する。

言葉は理解しているようだ。

 

闇金ウシジマくん466話 丑嶋と椚

 
 
 

獅子谷と手下二人と丑嶋とでマンションのオーナー、篠田の部屋に強盗に行く。

屋上からベランダにおり、窓を割って侵入する計画。

 

留守を狙う予定だったが、篠田と女はまだマンションにいた!

 

闇金ウシジマくん 466話 ネタバレあらすじ

 

クルマの鍵を取りに女が書斎に行くと、黒ずくめの4人組がベランダにいるのを発見!

獅子谷たちは窓ガラスをたたき割ると

 

女に頭から袋をかぶせたうえで拘束する。

 

ブゥーッ

ブゥーッ

 

警報ブザーがけたたましく鳴り響く。

リビングにいたマンションオーナー・篠田は台所の隙間に隠れる。

 

しかしすぐに見つかる。

警備会社から電話がかかってきている。

獅子谷は誤報だと伝えろと指示。

篠田は指示に従う。

 

獅子谷は金のありかを聞く。

篠田
「そんな金ない!

誰のガセネタだよ?」

 

獅子谷はバールで篠田の頭を強打!

 

闇金ウシジマくん466話 獅子谷

 

丑嶋が金を見つけた。

 

ソファの下の床に隠してあった。

 

篠田がスマホでどこかに電話していた。

とり上げて確認すると、警察に通報していた!

すでにここの場所を割り出している可能性がある!

潜舵
「ふざけやがって。」

 

篠田、この声は聞いたことがある。

潜舵がバレた。

世話になっているヤクザが黙っていないと篠田。

 

獅子谷
「チッ

殺っちゃうか。

女も車に放り込め。」

 

 

戌亥と柄崎が話している。

 

柄崎
「なあ戌亥。

なんでみんな社長にからんでくんだろ?」

 

戌亥は、丑嶋がマグネターみたいに厄介な存在だからだという。

マグネターとは、

地球上で感じる2000兆倍の磁場があって、

超高密度な質量の星。

スプーン1杯が10億トンの重さ。

その星にもし生命体が近づけたら身体が原子レベルまで分解される。

星の振動0.1秒で太陽の10万年分のエネルギーよりデカい爆風を持つ強烈な星。

 

戌亥
「丑嶋くんってマグネターみたいだ。

近づくとみんな破滅に追い込む。

滑皮さんも獅子谷もどこかで丑嶋くんの底知れないとこを恐れている気がするんだ。」

 

戌亥は続ける。

「丑嶋くんは、滑皮さん達に搾り取られた後、確実に殺される。

丑嶋くんは意地張ってるけど、

ヤクザに脅されてるって、警察に保護してもらいなよ?

丑嶋くんを救えるの、キミだけなんだよ?」

 

今戌亥は獅子谷の素行調査を戌亥に頼んでいるという。

それでわかったことは・・

今獅子谷たちは丑嶋を連れまわしているということ。

今夜、丑嶋がころされる可能性があると、柄崎に伝える。