前回の内容

   

なんとか一点リードを守ってハーフタイムに突入した日本。

悪くなったチームバランスを立て直すべく、城西が投入される。

(八谷OUT)

 

ジャイアントキリング479話 城西

 

城西は現在の日本代表の花森頼みの状況に責任を感じていた。

自分たち同世代がふがいないから。

しかも自分に至っては東京Vでもシャリッチや三雲にゲームメーカーとしての役割を奪われている。

自分には花森を助けるだけの力はない。

しかしそれなら力のある選手の背中を押せばいい。

そう考えた城西は

積極的に選手たちに声をかけていく。

 

ジャイアントキリング 479話 ネタバレあらすじ

アジアカップ 対ヨルダン戦。

後半が始まった。

 

後半に入って日本チームの動きがいい。

ボールを持っているヨルダン選手の動きが止まる。

(くそっ・・・

出しどころが!)

 

城西の指示で岩淵がボールを奪取!

実況
「また奪った日本!!

後半はこっちのペースだ!!」

 

きっちりハーフタイムで立て直してきた日本チーム。

しかしスコアはまだ1-0

追加点が欲しい状況に変わりはない。

 

右サイドの桐生にボールが渡る。

桐生はそのままシュート!

 

これはキーパーがパンチングで防いだ!

 

後半になって桐生の動きがいい。

やる気とプレーがフィットしてきた。

 

実はこれ、花森のおかげでもある。

前半花森が強引ながらも相手にとって怖いプレーをしていた。

それで花森が警戒されて、逆サイドの桐生の方にスペースが生まれているのだ。

後半はボールにあまり絡めていない花森だが、陰でエースの役割を果たしている。

 

綿谷がいいクロスを上げた!

 

畑がそれを直接ボレーシュート!!

 

これもまたキーパーに阻まれた!

 

ジャイアントキリング479話 ヨルダンのキーパーハサン

 

しかしボールはまだ生きている。

それを桐生が再びシュート!!

 

キーパーまた止めた!!

ヨルダンのキーパーハサン。

噂通りレベルが高い!

 

ヨルダンが速いパス回しからカウンターの体勢に入った!

しかしその時、城西がボールを持っている選手を引き倒した!

 

これは笛が鳴る!

城西にイエローカード!

 

これは城西のナイスプレー。

 

地味だけどチームを助けた。

城西は黒子に徹している。

藤澤
(報われて欲しいわね・・)

 

越後がオフェンスに怒鳴る。

シュート打ったあと気を抜くから簡単にカウンターの起点を作らせてしまう!

しっかりチェック行け!

それがお前らの仕事!

 

越後がここまで怒鳴るのは珍しい。

秋山は何かを感じた様子。

 

城西
「サンキューな、越後。」

越後
「こっちのセリフだ。

今のプレーだけじゃなく後半一気にチームが落ち着いた。

さすがだよ、優等生。

けどもっと出来んだろ。

俺たちの世代は。

まだまだここからだろ。」

城西
「だよな。」

 

このやりとりを聞いていた花森。

 

ジャイアントキリング479話 花森

 

 

東京のETU。

 

テレビ観戦中のユリはだいぶイライラいしている。

向こうのGK良すぎ!

移籍金そんなに高くないだろうからウチで獲ろう。

 

近くにキーパーの緑川がいるのに・・・

 

緑川は、試合展開としては悪くないという。

1点リードがある上で相手を押し込んでいるんだから。

ここまでシュート打って決まらないのは運もある。

 

有里は達海の意見を聞く。

達海も、このままで問題ないとしながらも、

追加点が欲しいなら、

俺なら選手を代えると話す。

 

 

ブランがまさにその通りに動いていた。

アップ中の椿とアレックを呼びに行かせる。