あらすじ

 

主人公は御年84歳のよぼよぼのおじいさん。

独り暮らし。

 

そこに子供の頃から知っている朝姫(あさひ・23歳OL)がやってくる。

朝姫とおじいさんは朝姫が子供の頃からの知り合い。

夏休みで帰省中の朝姫が、親に言われておじいさんのご飯を作りに来たのだ。

 

グラマラスな朝姫の身体にこの84歳のおじいさんはこともあろうに欲情してしまう。

上はタンクトップで下はショートスパッツ。

歩く度に胸はたゆんたゆんの超巨乳

お尻はムチムチのプリプリで・・

 

おじい
「あぁ・・・

なんちゅうボリュームじゃ・・

堪らん

ぉお・・

ちょっと歩く度に

ポヨンポヨン揺れとるうぅ~~」

 
実はこのおじいは、性欲だけは衰えしらずの

クソエロジジイだった!

 

朝姫が料理をしてくれている最中も

そばに張り付いてずっと胸を見ている

匂いを嗅いでいる!

 
朝姫はちょっと困り顔。

 

おじい
(ふぉっふぉっふぉ・・・

ボケ老人だと思って、困惑しとるの。)

 
この爺さん、なかなかの策士。

ボケたふりさえしておけば

相手は注意していいか考えてしまう。

 

それにしてもエロい体つきの朝姫。

線は細いのに出るとこ出てて・・・

 

もうじいさんは我慢の限界!

プリプリの尻も

たゆんたゆんの尻も

触りたい!

揉みたい!

吸いつきたい!

 
むぎゅっ

 

じいさんの手が朝姫の尻を掴んだ!!

そして胸も

もぎゅーんっ

 

さて、気になる朝姫の反応は
こちらから

 

(配信元:DMMコミック)