前回のあらすじ

 

後半30分。

栗林が投入されると、試合の流れが全く変わってしまった。

栗林は背後からのボールもノールックでトラップできるため、展開が速いのだ。

 

アオアシ135話 栗林の背面トラップ

 

更にドリブルが驚異的に上手い。

相手DFをあっさりと抜いてゴール前にパスを出す。

その群を抜く技術に柏商サイドのみならず、アシトもショックを受けてしまう。

さて、どうするアシト?

口をあんぐりと開けたまま、ただ見ているのか?

 

アオアシ 135話 ネタバレあらすじ

 

ただ驚いて栗林を見るアシト。

アシトはわからない。

何がどうなって、

どういう理屈で、

あんなことが・・・

全然・・・

 

アシトの様子を見ている福田監督

ダメか?

ただ驚いただけで終わるか?

 

柏商の選手たちの表情には諦めの色が・・・

そんなチームの雰囲気を10番が吹き飛ばそうとする。

「諦めるなお前ら!

90分間は、フィールドでは、

考えることを決して諦めるな!!

人間として強くあれ!!

杉浦監督の教えだ!!」

 

柏商の選手たち

「お、おおっ!!」

「そうだ、そうだぁ!!」

 

10番
「栗林にはオレがマンマークに着く!」

他の選手たちもそれぞれの動きを再確認する。

 

柏商の10番の言葉に影響されたアシト。

そう・・

自分が未熟だとしても、

それでも考える。

” だからどうするか。”

考えろ。

自分に言い聞かせる。

 

スコアは2-0のままアディショナルタイムは5分!

 

選手たちの動きを観察するアシト。

そんなアシトを阿久津が怒鳴りつける。

たらたらするな。

デメエごときじゃどうせ栗林のサポートは出来ねえ。

俺の指示通り動いてりゃいいんだボケ!

 

桐木がボールを持っている。

栗林が桐木に合図。

(おれが上がるぞ。)

栗林がダッシュ!

それと同時に桐木は前方のマツにパス!

マツはサイドの遊馬にパス。

栗林は「・・・」

 

アシト
(今の意味は分かった。

マークの外し方もうまい。

マークが一瞬だけボールウォッチャーになった。

その一瞬で振り切った!!)

 

これは柏商の選手にクリアーされてしまう。

 

なんとか1点取りたい柏商だが・・

こぼれ球を栗林が拾う!

相手10番が当たるが・・

栗林は楽々振り切ってしまう。

アオアシ135話 栗林のトラップ

 

アシトが分からないのはこの動き。

まるで栗林の所だけ重力がないかのよう・・

 

栗林は遊馬にパス。

遊馬はこれはワンタッチで栗林に返そうとするが・・

相手のDFにまたカットされてしまう。

 

栗林は拍子抜け・・・

 

この栗林の表情をアシトが見てた。
(あれ・・?)

ここでエスペリオン交代。

時間を使いに来た。

 

栗林は、さっきの遊馬のプレーに不満がある様子。

ちょっとずれてる。

栗林は自分がマークを引き付けて、遊馬は空いたところにそのまま運んでほしかったのだ。

ま、仕方ないと自分に言い聞かせる栗林。

 

アシトが栗林に話しかける

「栗林さん

すんません、ひょっとして我慢してないっすか?」

 

栗林は驚いた顔でアシトを見る。

 

交代が入って試合再開。

何とか1点取りたい柏商と、失点ゼロでしめたいエスペリオン。

 

アシトはちょっと後悔。

思わず言っちまった。

でも、なんか押さえているように見える。

アシト
(阿久津の時と同じ様に・・

俺が栗林なら、俺はどこにいて欲しい?

集中するアシト。

 

センターサークル内でエスペリオンがファール。

上がる柏商の選手たち。

 

栗林は皆の動きが気になって仕方がない。

あそこも空いてる。

あそこも空いてる。

そこにあの3番。

地味に今日何回か裏取られてた。

自由にしとくの、気持ち悪くないのかなぁ~

みんな・・・

もう1点とるプランはあったけど、

仕方ない、守備するか・・・

 

栗林が気になっていたところに、アシトが飛び込んできた!

また驚く栗林。

次の瞬間、栗林は動いていた!!

 

自陣ゴール前、山田がボールを奪った。

蹴りだすよう、キーパーが指示。

それで試合終了・・・

 

 

栗林の動きに柏商の監督が驚く!

 

アオアシ 136話はこちら