前回の内容

  

丑嶋は1人自宅でチゲ鍋を食べる。

床には鍋に火薬を詰めて釘を詰めたペットボトルと携帯をセットした手製の爆弾。

 

一方柄崎は・・・

丑嶋からの電話を待ち続けていた。

今日は誕生日。

去年は腕時計をプレゼントしてもらった。

今日は残り1時間・・・

電話がかかって来た!

でも滑皮から。

滑皮に呼び出されてキャバクラへ。

誕生日を祝ってもらう。

滑皮は柄崎に仕事を回すから丑嶋の所はやめろと言う。

滑皮は柄崎がつぶれているところをSNSにアップ。

丑嶋はそれを自宅見る。

テーブルには柄崎への誕生日プレゼント。

 

闇金ウシジマくん 464話 ネタバレあらすじ

 

獅子谷が丑嶋を呼び出す。

 

「LINEで位置情報送っといたからすぐ来い!

今すぐ来ねーと両耳削ぐぞ。」

 

柄崎がキャバクラを出たところで獅子谷とばったり。

滑皮さんに誕生日を祝ってもらっていたと説明する。

獅子谷は柄崎の目つきが気に入らないと因縁つける。

くっついたばかりの耳を引きちぎろうとする。

 

そこに滑皮が来た。

柄崎を呼んだのは俺。

今晩はやめとけ。

 

獅子谷は大人しく引き下がる。

 

滑皮が柄崎にタクシー代を渡す。

「一人でちゃんと帰れるか?」

優しい言葉をかける。

 

柄崎は礼を言って帰って行った。

 

滑皮と獅子谷は打ち合わせどおりとほくそ笑む。

柄崎を取り込んで丑嶋を精神的に追い込む作戦。

 

獅子谷がここに来たのは改めて話があって。

話とは・・

獅子谷
「今夜、丑嶋を殺っちゃいます。」

闇金ウシジマくん464話 獅子谷甲児

滑皮
「さっきの演技が無駄になるだろう。」

獅子谷
「柄崎を取り込んで丑嶋を精神的に追い込むのは遠回りっす。

今すぐに兄貴のカエシをしないと自分の気持ちが収まらないし、

したの人間にも示しがつかないです。」

滑皮
「お前に丑嶋をやれるのか?」

獅子谷
「ハッ

なんの冗談すか?」

 

滑皮は獅子谷の話を了解し、

今度は獅子谷に頼みごとをする。

それは、丑嶋の金。

奴を殺す前に、全部搾り取れ。

 

獅子谷は了解。

「丑嶋を殺った後の処理を滑皮さんのトコでお願いします。」

 

 

潜舵と獅子谷の手下が車の中で話している。

話題はヤクザの悪口。

ヤクザはいつも金がなくてせびってくるから嫌い。

詐欺の額が小さい。

クズ以下。

今のご時世、ヤクザはケンカも出来ないし終わってる。

しかし滑皮さんだけは別格。

かっこいい。

 

この車には椚と丑嶋も同乗している。

椚がふーふー言い出した。

丑嶋がトイレに連れていくよう、潜舵が命令する。

この四人、獅子谷が来るのを待って例のキャバクラのオーナーのところへ強盗に行く模様。

 

–464話ここまで

闇金ウシジマくん 465話はこちら